篁よしやすのイラスト、落書き,日常


by takeya_bu

プロフィールを見る

頼長本通販・他告知

NEW→Twitterはじめました!
通販に関してこちらの記事参照。電子書籍です。お問い合わせはsubjectを「頼長本・通販」にしてください。他、トラブル、お問い合わせなども ↓以下のmailフォームまで。
・mail・

・漫画素材,無料配布漫画等のアップローダーもあり。  ↓↓告知↓↓<9月2日>new→「FakeEmperor3後編」出来ました。PDF。
new→同Flash版。(SNS「漫描き」内 要登録)
・「FakeEmperor3・前編」公開しました。 pdfファイルです。
・Flash版アップしました!
(SNS「漫描き」内。要登録)
・ムービィ第4弾公開中。(Facebook)
・yahoobooksに私の過去の単行本ありました。電子書籍です。
・facebookを始めました。
ムービィはこちらに移しました
・GIMPの偽サイト出現

最新の記事

忘れられない映画を観ました
at 2018-09-23 11:47
PaintGraphic4p..
at 2018-08-19 21:22
縄文展に行ってきました。
at 2018-08-19 20:25
PaintGraphic4p..
at 2018-08-14 20:58
余は粛清などしておらぬ
at 2018-08-05 19:37

外部リンク

記事ランキング

最新のコメント

非科学的な話で申し訳ない..
by nobu_nobu2016 at 02:04
こんにちは! >楳図か..
by takeya_bu at 17:13
「楳図かずおのへび女の実..
by 弥九郎 at 07:10
こんにちは! >・・上..
by takeya_bu at 16:54
こういう風にやってくれた..
by 弥九郎 at 02:07
こんにちは! 御返事が..
by takeya_bu at 18:55
この龍はスゴイですねオド..
by yakurou at 05:19
こんにちは!弥九郎さん。..
by takeya_bu at 23:21
管理人さんまた来ました ..
by 弥九郎 at 02:10
お久しぶりです! 頂い..
by takeya_bu at 23:15

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

カテゴリ

Paintgraphic
ボヤキ
告知
自然、動物
動画・漫画
イラスト
ネットトラブル系
GIMP
雲&火Alpaca
pdf

検索

ブログパーツ

カテゴリ:Paintgraphic( 15 )

PaintGraphic4proで写真補正

PaintGraphic4には写真の歪みとか色補正を簡単に修正できる
機能があったりする↓
b0232447_21163199.jpg
このポスターを切り抜きたい。
フィルタ→デジカメ補正→歪み補正
画質向上ウィザードってのも使ってみる。
b0232447_21155158.png
ど・・どうかな?
だクスマ???いえ・・マスクのことです。


[PR]
by takeya_bu | 2018-08-19 21:22 | Paintgraphic | Comments(0)

PaintGraphic4proで黒点描

テキストが全く出ないですよ。どうなってるの?
b0232447_20301608.png

PaintGraphic4で黒点描作ろう、という記事だったんですが
テキスト打つ気力がなくなりました。
何度かやっていますのでカテゴリ「PaintGraphic」で記事を
探してください(なげやり)

b0232447_20285485.png
b0232447_20291312.png
誤差拡散に行く前にまずフィルタ「拡散」(50%)
アンシャープマスク(50くらい)

b0232447_20291900.png


文句書くといきなり直るのねーエキブロって
[PR]
by takeya_bu | 2018-08-14 20:58 | Paintgraphic | Comments(0)

PaintGraphic4proの新機能を試してみた2

b0232447_23343660.jpg
傾きとかサイズとかを調整しながらペーストできる機能がついた
ただコラージュは初心者には難しいような・・

コラだったらこっちのほうがやりやすいかも↓
b0232447_23365267.jpg
ロゴを作成できる機能もついたよ!
みんな大好き「金文字」もつくれるよー
私は元からついてる「透明文字」(クリスタル系)が好きなんだけど・・

PDFファイル読み込める機能もついた!
これで怪文書もわざわざチョキチョキペタペタしなくても作れるよ。
もちろんテキストの途中でフォントを変えることも可能だ!

多分いまだに玉木くんや、レッグ中村は「フォントって?」というところでしょう。

ただやはり縮小、拡大すると画像が荒れてしまうのは画像編集ソフトの
宿命である。これはごまかせないな。

[PR]
by takeya_bu | 2018-07-29 00:04 | Paintgraphic | Comments(0)

PaintGraphic4proにアップグレードしてみた

b0232447_00303919.png
b0232447_00304455.png
まずはマジックイレーサーをお試し。
まだまだ新機能お試ししてみるよ!

会員登録すればお安く手に入れることができる!(こともある)


実はこの機能単体でも手に入れることができます。

[PR]
by takeya_bu | 2018-07-27 00:39 | Paintgraphic | Comments(0)

ペイントグラフィックがとってもエボリューション

b0232447_17391931.jpg
ようやくペイントグラフィック3をインストール。

というわけで、ペイントグラフィック3を入れてみました。
おお。これはステキすぎです。ちゃんとCMYK変換もできますよ。
これで4980円は安いかも。
※私はソースネクストの会員なのでダウンロード版を2千円くらいで購入。

※ペイントグラフィックとはソースネクストで販売されているグラフィックソフトのこと。
使えるのは日本国内のみのようである。

写真補正機能を充実させたということで、確かにそういう所はしっかりと。
漫画にも使える機能も。

b0232447_17381283.png
ゆがみ変形が良い。みんな大好き魚眼効果も出来ます。
b0232447_17381473.png
b0232447_17382431.png
あの禍々しい効果と私に言わせた「スクラッチ」も健在。

現在ペンタブを2台目のパソコンに入れていないので描画に関してはまだ不明。
だけど描画には・・やっぱ厳しいかもしれない。(レイヤーのクリップ機能とかがない)

そうそう。実はセキュリティにカスペルキーを入れているのですが、コレを入れていると
「GIMPがインストできない」と云われていましたがこちらは無事アップデートできました。
あ~~早く新しいペンタブが欲しい。

あ~~ワイヤーフレーム変形をこちらにもさき越されてしもた。
頑張れGIMP。

b0232447_17383039.png
お約束。



[PR]
by takeya_bu | 2017-05-05 18:05 | Paintgraphic | Comments(0)

出来の悪いものですが

b0232447_11510555.jpg
先回記事の作り方を参考にPaintgraphicで作ってみた。
デキが悪いですが使える?→DL
GIMPでの「オブジェクトにマップ」はPaintgraphicの場合。
ツール→マッピングで「球」を選択してください。光源は限りなく「1」に近く。

[PR]
by takeya_bu | 2016-02-13 11:55 | Paintgraphic | Comments(0)

雪かきをする

先回作ったカミナリを元に点描トーンを作ったでやす。→DL
Paintgraphicじゃあカミナリを作るのは無理である。
でも漫画用の加工はこっちの方が作りやすい。はあ・・
世の中うまくいかないものですね。
b0232447_23055876.png
雪かきをする。スコップって高いものだったんですね。
しかしもうジャブジャブ状態だったので、100均で買ったワイパーで十分雪かきができたでやす。
よく雪深い地方出身の人から聞く話で、雪を捨てる場所などで近所とトラブルになるという話。

まあ確かに自分の家の敷地内にドカドカ雪を棄てられたら腹立つよなあ。
それを頭に置いて雪かいていたよ。明日は道は凍結してるだろうから徒歩だなあ。


[PR]
by takeya_bu | 2016-01-18 23:26 | Paintgraphic | Comments(0)

Paintgraphicで点描効果

あの怖いソ連製アリスを描いてみたつもりだったが
イマイチ怖くなくなってしまった。
b0232447_21565944.png
塗料屋PROにはあったような気がするけど、GIMPにはない誤差拡散。
(似たようなものがgmicにあったような)Paintgraphicにはあるんだ。
これを使って上記カットのような点描効果を作ってみる。
b0232447_21522019.png
版PRO(メディバンペイントプロ)でここまで上げる。
.psdで保存。(グレスケ600DPI)
b0232447_21511268.png
Paintgraphicで呼び出す。新規レイヤー、エアブラシで点描の元になる物を描く。
描き終わったら、フィルタ→拡散。(これだけでも点描臭くなりますが)
※Paintgraphicで開くとグレスケがRGBになっていたりするので、
「色」でモード変更してください。レイヤーの透明度などは保たれています。

新規ドキュメント複製でファイルを複製する。
複製したレイヤーで不必要なレイヤーを削除、もしくは不可視にする。
点描化したいレイヤーのみになったらモード変更、2階調化を選択。
モードを「誤差拡散」にする。ここからちょっと注意。
b0232447_21512035.png
誤差拡散の出力は200Pixelにする。
(これ以上だとまるで粉みたいになります。印刷にもでにくい)

b0232447_21520007.png
できたファイルを2階調からグレーに直します。が、200Pixelまで
出力を落としているのでこれを3倍の600にもどします。
※上記参照
これで複製したファイルでの作業はおしまい。全てコピーして
元のファイルにctrl+L(新規レイヤーに貼り付け)で貼付け。レイヤーを
「乗算」にします。

b0232447_21514822.png
これでできあがり。


実はこの方法かなり古いやり方なのですが、これ以上のやり方は知らない。
恐らく、市販されてる点描トーンもこれと同じようなやり方で作られてると思います。

点描効果も網トーンも作れ、CMYK変換もできて(PRO以降)
5,000円くらい(時々3980円の時も)
フリーソフトと組み合わせれば最強になると思うんだけど。
惜しむらくはGIMPのような拡張性はあまりない、描画能力はイマイチ。
それでも値段の価値はあると思っているのだった。

※GIMPとの相性はあまりよくないです。レイヤー名が文字化けしてる。

ドット効果のやり方はこちら。
点描のやり方は一度やっていましたねえ・・。見本が上手く行かずヤケを起こして
おりますが。以外にやけくそになって作ったほうがうまくいくかもしれない。点描。

[PR]
by takeya_bu | 2015-07-19 23:01 | Paintgraphic | Comments(0)

菌糸されたEffect

b0232447_23253350.png
いーひっひっ・・

いつものごとくgimpで漫画に使える効果を探していた・・。
なにげに行き着いた所でこんな面白い物を見つけた。

Mycelum

わ~~面白そう、と。これGIMPのプラグインになっていたので早速落としてみた。
が、(Pythonの)認識はしたものの、「エラー」ばっかでちっとも動かなかった。
る~~。なにがいけないのだろうか。(お試ししたい人はGIMPchatなどで「mycelum」と
いれて検索してみてください。導入にはちょっと手間がかかります。

Illustratorにはこういったプラクインが入っているんでしょうか?
いーなー。ZebraTraceみたいにスタンドアロンのツールだったらいいのに。

mycelumとは「菌糸」という意味である。
だが、私は思い出した。Paintgraphicに上記の効果とまではいかないものの
似たような効果があったではないか。

トップの効果はフィルタの「スクラッチ」という効果であります。
あまり使わない効果だったんですが、カビっぽくはなります。

カビっぽくは無いかもしれませんが、禍々しさでは勝るとも劣らない効果がもう一つ
b0232447_23510161.jpg
うひひひひ・・・
「絨毯」という効果。
うわ~~。これもめったに使わない効果だったんですが、これは禍々しい。
b0232447_23260603.png
元画像にスクリーンで重ねてみた。

思い出したように使ってみるPaintgraphic。CMYK変換もできて約5000円。
描画ツールにもう少し気を使ってもらいたいPaintgraphic。「マニュアル本が無いから」
なんて言わないで、弄くり倒す価値はあると思います。

でもカビ効果・・gmicになんかありそうな気もする・・ちょっと探索してみる。
b0232447_00040943.png
カビてしまった?カビカビ。
まるで飴・白(英訳してください)のようになってもうた。

カビ効果ができずやけくそになって作った火&雲Alpaca用ペン素材。
scriptBrushにしなくてもいいかな?散布Brushにして使ってください。

b0232447_00092356.png
b0232447_00091985.png



[PR]
by takeya_bu | 2015-06-04 00:10 | Paintgraphic | Comments(0)

PaintGraphicでパターンをつくらう!

b0232447_22073271.png
いつぞ作ったメタルハートをイメージホース化してみた。

Paintgraphicにはイメージホース(とか言ったな)という遊べる機能があったりする。
これ標準についているモノでも結構遊べるのだけど、自作できるんですよ。

オブジェクトの背景を透明にして(ドロップシャドウなどつけると良い)
何枚か複製する。各レイヤー傾けたり、拡大、縮小など変化させて(これはお好みしだい)
レイヤー保持したまま、.FFF形式で保存。

プログラムファイル→Paintgraphicのフォルダの中に「image」というのが
あるので、そこに自作のブラシファイルを放り込む。

Paintgraphicを立ち上げ、イメージホースフォルダを確認。するとそこに
自作イメージホースができている筈。

新作イメージホースをお試しした結果が上記。
そしてこれを、トーン化してみる。

シームレスのテクスチャを作る方法は色々だけど、一番確実なのは下記の方法。

フィルタ→その他→スクロール
スクロールをたちあげたら、(x方向)半分のPixel✕(y方向)半分のPixel
※上記のカットは300✕300で作っているので150✕150を入力。
下にあるバーを「繰り返し」にする。

b0232447_22074276.png
するとこうなる。

真ん中らへんがちょっとさみしい。
b0232447_22085844.png
ちょっと付け足し。できあがった。
※付け足しする場合、オブジェクトが画像からはみ出すような事はしないこと。

b0232447_22091091.png
はっきり言って配布用に作ったものではないので
使えるものかどうかは不明である。が、せっかく作ったので配布。
雲Alpaca用にグレスケバージョン。

このやり方は古いPhotoshopなどでよく使われてきた。地紋系などのきっちりした
物は・・ちょっと向かないかもしれない。上記のようなざっくりした模様向きの方法。
GIMPにはシームレスにしてくれるフィルタがあるので説明しない。

せっかく作ってみたので、雲Alpacaで実験しよう!
・・すると・・ああ、なんということでしょう。
b0232447_22445228.png
雲Alpacaがものすごい変身を遂げていた!

一瞬、Microsoft ExpressionDesignかと思ったぞ。流行りのインターフェイスに。
ちなみにですね、選択範囲取って、tone処理して、Controlキー+Dを押すと
一緒にtoneも消えるぞ。

回避方法はですね下にあるバーの左、OKを押すだけ。
b0232447_22514374.png
いやびっくりしたよ。
火Alpacaにも導入されたペンの入り抜きも実装された!さて・・どうする?
しかしベジェ曲線はまんまだった・・。ハンドル・・ハンドルがほしいよ。


[PR]
by takeya_bu | 2015-04-30 22:54 | Paintgraphic | Comments(0)