篁よしやすのイラスト、落書き,日常


by takeya_bu

プロフィールを見る

頼長本通販・他告知

NEW→Twitterはじめました!
通販に関してこちらの記事参照。電子書籍です。お問い合わせはsubjectを「頼長本・通販」にしてください。他、トラブル、お問い合わせなども ↓以下のmailフォームまで。
・mail・

・漫画素材,無料配布漫画等のアップローダーもあり。  ↓↓告知↓↓<9月2日>new→「FakeEmperor3後編」出来ました。PDF。
new→同Flash版。(SNS「漫描き」内 要登録)
・「FakeEmperor3・前編」公開しました。 pdfファイルです。
・Flash版アップしました!
(SNS「漫描き」内。要登録)
・ムービィ第4弾公開中。(Facebook)
・yahoobooksに私の過去の単行本ありました。電子書籍です。
・facebookを始めました。
ムービィはこちらに移しました
・GIMPの偽サイト出現

最新の記事

忘れられない映画を観ました
at 2018-09-23 11:47
PaintGraphic4p..
at 2018-08-19 21:22
縄文展に行ってきました。
at 2018-08-19 20:25
PaintGraphic4p..
at 2018-08-14 20:58
余は粛清などしておらぬ
at 2018-08-05 19:37

外部リンク

記事ランキング

最新のコメント

非科学的な話で申し訳ない..
by nobu_nobu2016 at 02:04
こんにちは! >楳図か..
by takeya_bu at 17:13
「楳図かずおのへび女の実..
by 弥九郎 at 07:10
こんにちは! >・・上..
by takeya_bu at 16:54
こういう風にやってくれた..
by 弥九郎 at 02:07
こんにちは! 御返事が..
by takeya_bu at 18:55
この龍はスゴイですねオド..
by yakurou at 05:19
こんにちは!弥九郎さん。..
by takeya_bu at 23:21
管理人さんまた来ました ..
by 弥九郎 at 02:10
お久しぶりです! 頂い..
by takeya_bu at 23:15

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

カテゴリ

Paintgraphic
ボヤキ
告知
自然、動物
動画・漫画
イラスト
ネットトラブル系
GIMP
雲&火Alpaca
pdf

検索

ブログパーツ

わ~~~ん!滋子ちゃん!

b0232447_21105245.jpg

ゴッシーじゃないけど・・・「滋子~~!」でございますよ。
前半の呑気な展開で、今日は死なないかなあ・・なんて思っていたのに。
やっぱ・・死んでしまいました。滋子ちゃん。

分かっていても好感持ってるキャラに死なれてしまうのはかなすぃ・・。
滋子ちゃ~~ん!

ナリたんと西光・・・こいつら鹿ケ谷の陰謀へまっしぐらだなあ。
ナリたん→流刑→餓死。芙蓉の殿上人が・・餓死・・。
悪役となってしまう西光さん、結構好きなんだけど。ルックスが。
最初師光だった頃は怖い顔してたけどなあ・・。「悪左府様でもできますまい」
なんて信西に皮肉を言っていた西光さん。

そうそう、ヨリさん資料読んでいて一番イメージがひっくり返ったのがナリたんであった。
なんせ感嘆尤深い人だし・・。
いやいやいや・・!←ここ笑った。
流石にゴッシーの愛人・・いやいやいや・・ドラマで寵臣だったというネタは省かれているが、
(ドラマでは近臣です)
院政期のホモネタでは、ヨリさんとナリたんとゴッシー、もう欠かせないキャラでございます。

それにしても・・え~~ん!滋子ちゃ~~ん!
===================================

本日の摂関家ブラザーズ
b0232447_23271854.jpg

実は私お箸を持つ手を書くのが苦手なり・・。きゃ~~ごめんなさい!兼実さん!
因みに基房さんが歌や舞が好きという記録はありません。あまりにもインパクト
あったから・・舞と歌が・・・おお~~おっおっ~~~!和歌は詠めたというエピソードはあります。(今鏡)


泣いてばかりいては、このブログらしくありません。おセンチはメートルにします。
(パクリのギャグ)
悲しい結末の展開ではありましたが、やはりツッコミどころはありまして、兼実さん(だよね!?)
の食べっぷりがとてもナイスでございました。

「だから私は面白くないと言ったのです」といったかどうかわかりませんが、お箸の運び方に
私は兼実さんの奥ゆかしさを感じました。
あれは兼実さんですよね?最近大間違いしまくりなので、一応兼実さんらしき人物ということに
しておきます。兼実&基房ブラザーズは父の遺志を受け継ぎ反ゴッシーですね。

カンケーないがヨリさん日記、台記にはこの手の行事の席次まで書いてあるのだ。
図面まで書いている。(描いたのは本人の書いたものが伝わったのだろうか?)
ええ、決してホモ記録で埋め尽くされている訳ではありませんよ。
成雅さんの乱闘騒ぎもこの日記で知った。


多分、あそこにいたと思われる基房さんは「私にダンシングを・・そしてシング(song)を・・」と
ウズウズしていたに違いありません。いちご白書の歌手も出ていたことですし・・←何の関係が・・
平家の男子による舞が終わったあと、きっと基房さんは飛び入りでダンシングをしたと思われます。

いかんなあ・・、特撮出演経験俳優というだけで何だかツッコミしたくなっちゃうよ。
でも、特撮に出た俳優さん(もしくは特撮に詳しい俳優さん)がドラマなんかに出てると
ついニコニコしちゃいますね。(除・○○○○○○ー)
昔っからそうだけど・・私は東宝怪獣映画好きです。。。えへ。死ぬ前に一度怪獣に
追っかけられるエキストラをやってみたい、なんて思っているのだな。

一番好きな怪獣映画は今のところモスラかなあ。ゴジラも捨てがたい・・
ん~~同率で二つとも1位。
モスラはハッピーエンドなので、是非見てない人にも見て欲しいよ。
昭和の香り漂う舞台背景にも注目。なんで昔のテーブルって台形なんだろう。しまいにくい。

モスラの話題が出たところで・・・ちょっと待て!ここに嫌な予感のするカットが・・(10月17日の記事にイラストアップ)

うう・・にしても2週間休みなし・・。そして今日は中間点。映画・・いきたひ・・。本よみたひ・・。
ひ~~み~~こ~~は行くぞ!
b0232447_23271650.jpg

すっかり秦公春さんと同化・・。
何故「くろネコルーシー」と正直に言えない!?WBCサムライザパンの監督の名前を聞いて飛び起きたくせに!)

古本市にもいくぞ!平安時代の資料探しぢや!
絵は・・そうそう、GIMP2,8ポータブルを正常に使う方法が分かりました!
ファイルの保管場所に日本語が含まれていてはいけなかったのですね。

使ってみると・・おお・・凄い・・少し塗りが変わるかもです。・・てより、
使えそうなブラシが増えるだけ。それにしても正式版・・。バグはよ直せ~~!

GIMP好きです。
========================================
本日の平家物語

ちっ・・今日は面白くないことがあったので、癒し系音楽聴いていたよ。


ぢや~~ん!これは冨田勲さんが音楽を担当した「新・平家物語」のオープニングテーマで
ござる。ただ単に冨田勲さんのファンというだけだが・・・。
こ・・これに「藤原頼長・・成田三樹夫」とクレジットされとったわけだな・・。
アッ・・。

3枚目の絵は保元の乱の際、武士に喝を入れるゴッシー?清盛?
次に出てくる絵は間違いなく保元の乱だと思うが。。
逃げるんですね・・頼長さん・・逃げるんですね・・。ここで逃げるんですね・・。
耳なし芳一に詠ってもらうと泣くよ・・この辺り・・私・・。
全然関係ないと思われた「宇治拾遺物語」にも頼長さんネタあった!けど
大した話じゃないや。

そうそう、人形劇の平家物語で頼長さんを吹き替えていたのは松山政路さんだったんですね。
あの声で・・頼長さんを・・・ホモ設定じゃあなさそう。
ん~~、松山省二と書いたほうが特撮ファンにはわかるかなあ?怪奇大作戦に出てましたね。
・・で早速怪奇大作戦を見てみる。
「この声で頼長様を・・・」・・・とニヤリ。でもどっちかてとお兄さんの松山英太郎さんの方が
好きだった・・。「江戸を斬る」だっけ?ねずみ小僧役だったの・・。

怪奇大作戦・・これはもう岸田森に始まり岸田森に終わる。
るるる~~るるる~~怪奇大家族♫ 怪奇大家族・・。違うって。

松山政路さんも時代劇によく出てたなあ。
先にも書いたが私は特撮に出た俳優さんを贔屓目でみてしまうのだ。
b0232447_23235848.jpg

なんか色塗ると思う・・。ういろうじゃ・・公春・・。
ヤ○ザキのういろうは今一でござる。ちょっとやわすぎ。せっかく宇治抹茶味食べたのに。
でも、小さい頃初めて食べたういろうはとても美味しかった。


もうやけくそ
「日本誕生」の予告編があったのでアップじゃ


ヤマタノオロチと戦う!漢ミフネ!ヤマトタケルよりスサノオの方が合ってるね!
ヤマトタケルは女装が似合う美少年だぞ!(クマソタケルを倒す頃は)
私が絶賛する乙羽信子さまのアマノウズメも少しみられるよ!
よくよく見ると衣装とか、セットとか結構凝ってるね。
[PR]
by takeya_bu | 2012-10-14 22:15 | ボヤキ | Comments(0)