篁よしやすのイラスト、落書き,日常


by takeya_bu

プロフィールを見る

頼長本通販・他告知

通販に関してこちらの記事参照。電子書籍です。お問い合わせはsubjectを「頼長本・通販」にしてください。他、トラブル、お問い合わせなども ↓以下のmailフォームまで。
・mail・

・漫画素材,無料配布漫画等のアップローダーもあり。  ↓↓告知↓↓<9月2日>new→「FakeEmperor3後編」出来ました。PDF。
new→同Flash版。(SNS「漫描き」内 要登録)
・「FakeEmperor3・前編」公開しました。 pdfファイルです。
・Flash版アップしました!
(SNS「漫描き」内。要登録)
・ムービィ第4弾公開中。(Facebook)
・yahoobooksに私の過去の単行本ありました。電子書籍です。
・facebookを始めました。
ムービィはこちらに移しました
・GIMPの偽サイト出現
こちらのmailフォームを利用しています。

最新の記事

訃報・能見達也さん逝く
at 2017-05-22 22:47
100円くらいでフレンズを買う
at 2017-05-16 00:30
六角大王いじくってみた
at 2017-05-14 05:09
この歌を未来へつなごう!
at 2017-05-11 21:51
暗闇にドッキリ…かもしれない
at 2017-05-08 21:43

外部リンク

記事ランキング

最新のコメント

弥九郎さん、おはようござ..
by takeya_bu at 03:05
こんにちは~ 過去記事を..
by 弥九郎 at 16:45
再びこんにちは。 >鉛..
by takeya_bu at 21:31
>>takeya_bu ..
by 名無し at 19:33
>す、水彩ブラシ・・・・..
by takeya_bu at 16:04
>GIMPPainter..
by 名無し at 12:58
こんにちは! >色..
by takeya_bu at 15:49
こんにちは。 猫ペ..
by takeya_bu at 16:57
■ 先日は失礼しました・..
by 弥九郎 at 23:55
> 弥九郎さん は..
by takeya_bu at 09:24

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

Paintgraphic
ボヤキ
告知
自然、動物
動画・漫画
イラスト
ネットトラブル系
GIMP
雲&火Alpaca
pdf

検索

ブログパーツ

金融商品

プロレタリア文学を読んだ


b0232447_23293320.png
先日配布した黒点描トーンにはこういうのも同梱しています。

読んでみたのは、先日紹介した白柳秀湖氏の「駅夫日記」という小説が青空文庫で読めたので
読んでみました。プロレタリア文学というのは無産階級を描いたもので、何年か前有名になった
「蟹工船」などがこれにあたります。ただ、書いてる人は結構インテリだったり、裕福だったり・・と
何かがちがう。やっぱプロレタリア小説は中二病小説なのかもしれませんね。

さて、駅夫日記ですが、若い駅員の青春日記というか日常のようなものが淡々と
描かれています。決してヒステリックに何か叫ぶわけでもなく、デカイ事件があるわけでなく。
短いせいもあるけど、スラスラ読んでしまいました。悪くはないです。

何かこれからでっかいことが起きそうな感じはあるんですが。・・スチームパンクの
前日譚のようにも取れます。

この小説に関しては特に感じなかったのですが、
私は社会主義思想というものには同調することは出来ず、
こういう人たちのやってることといえば、内ゲバとか、
ただ何か叫んでるだけという印象しか無いです。ただねー、時代が時代なんで「検閲」という物があった頃ですから。
つい反抗したくなったんでしょう。

白柳氏は関係ないのですが、この頃の文筆家の間には「代作作家」(ゴースト)を使うと
いうことが当たり前のように行われていて、結構これで暴力沙汰に発展したことなどあったようです。
ゴーストでは無いですが、路傍の石を書いた山本有三氏なんか嫌いなやつの誹謗中傷した手紙を
嫌いなやつが惚れてた女に送りつけるという事してたり。
↑やることがせこすぎ。

文豪とはいえ、DQNはDQNってことです。

代作のネタがでたとこで、以前「平安時代、代作あったのかな-」なんて書きましたが、
これはありました。柿本人麻呂や、紀貫之などは結構頼まれていたようです。
どうも恋文が多かったようです。紀貫之といえばオネエ紀行文「土佐日記」で有名ですが
何故オネエ文にしたのか?というのは結構謎とされていますが、いや、ついオネエっぽく
なってみたかったんですよ。色々言葉を変えて変身したかったんです。オネエに。

平安ネタもう一つ。
モリトー(映画、地獄門の主人公)こと、文覚上人は同時代人の西行を嫌っていたと
あったのですが、「佛家文人傳」という本にそういうことが書かれているそうです。

モリトー、日頃から西行のことを悪く言っている。
実際にあったらぶん殴ってやると息巻いている。
そうしたら実際に西行がモリトーのところにやってくる。
だが、モリトー、殴るどころか打ち解けてしまう。
西行が帰った後、モリトー弟子たちに飽きられる。

という内容らしい。
どうせこういうことは実際なかっただろう、と思うのですが実際に確かめもせず
あったこともない人の悪口を軽々しく言うべきではありませんね。
しかしモリトー、笑沸かしてくれる。







[PR]
by takeya_bu | 2016-06-06 00:22 | ボヤキ | Comments(0)