篁よしやすのイラスト、落書き,日常


by takeya_bu

プロフィールを見る

頼長本通販・他告知

通販に関してこちらの記事参照。電子書籍です。お問い合わせはsubjectを「頼長本・通販」にしてください。他、トラブル、お問い合わせなども ↓以下のmailフォームまで。
・mail・

・漫画素材,無料配布漫画等のアップローダーもあり。  ↓↓告知↓↓<9月2日>new→「FakeEmperor3後編」出来ました。PDF。
new→同Flash版。(SNS「漫描き」内 要登録)
・「FakeEmperor3・前編」公開しました。 pdfファイルです。
・Flash版アップしました!
(SNS「漫描き」内。要登録)
・ムービィ第4弾公開中。(Facebook)
・yahoobooksに私の過去の単行本ありました。電子書籍です。
・facebookを始めました。
ムービィはこちらに移しました
・GIMPの偽サイト出現
こちらのmailフォームを利用しています。

最新の記事

訃報・能見達也さん逝く
at 2017-05-22 22:47
100円くらいでフレンズを買う
at 2017-05-16 00:30
六角大王いじくってみた
at 2017-05-14 05:09
この歌を未来へつなごう!
at 2017-05-11 21:51
暗闇にドッキリ…かもしれない
at 2017-05-08 21:43

外部リンク

記事ランキング

最新のコメント

弥九郎さん、おはようござ..
by takeya_bu at 03:05
こんにちは~ 過去記事を..
by 弥九郎 at 16:45
再びこんにちは。 >鉛..
by takeya_bu at 21:31
>>takeya_bu ..
by 名無し at 19:33
>す、水彩ブラシ・・・・..
by takeya_bu at 16:04
>GIMPPainter..
by 名無し at 12:58
こんにちは! >色..
by takeya_bu at 15:49
こんにちは。 猫ペ..
by takeya_bu at 16:57
■ 先日は失礼しました・..
by 弥九郎 at 23:55
> 弥九郎さん は..
by takeya_bu at 09:24

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

Paintgraphic
ボヤキ
告知
自然、動物
動画・漫画
イラスト
ネットトラブル系
GIMP
雲&火Alpaca
pdf

検索

ブログパーツ

金融商品

素敵な頼長さん

b0232447_19034627.png
頼長さんが為朝に「何か策はあるか?」と聞いているところらしい。
「好みの男じゃ」と思ってるところじゃないよ。
結構イメージに近いなあ、このカット。

「夜討ちをしようじゃないか」といってはみたものの、
「あきまへん」と一蹴されてしまった所。
少年文庫「保元・平治物語」(国会図書館デジタルコレクション)

少年「少女」ではないですね・・。差別じゃ。
ただ、保元物語がかなり優しい文章で書かれています。ルビが嬉しい。
ほぼ忠実に訳されていますので、これはいいかも。

これによると積極的に兵を集めていたのは崇徳院ということになります。
保元物語はどこまでホンマのこと言っとらすんでしょうか。

保元物語Wiki(簡単にストーリーも)

崇徳に仕えていた是成というものが、出家して蓮如となのっていたが、讃岐にわたって面会する。
蓮如は都に帰ってきてから、怨霊となった崇徳が、為義らを率いて後白河上皇の御所法住寺殿を襲う夢を見る。
しかし法住寺殿は不動明王の結界によって守られていたため、(←ちょっとマヌケなシーンを想像)
崇徳は西八条の清盛のもとへと向かい、難なく中へ入った。
このときから清盛が増長し、天皇をも脅かすようになっていくのは、崇徳の力によるものである
しかし、この崇徳の怨霊も西行の歌によってなだめられ、鎮魂される。

↑ほんものの亡霊かよ。寒いのじゃ・・とても寒いのじゃ。
Wikiもいつの間にか内容が充実してるような。保元物語は平家物語より成立が古いと
威風堂々と書かれていた記憶がある。実はわからないんですね。承久の乱前後と考えていた方がいい
ようです。Wikiにもあるように保元の乱の前後を調べるには「兵範記」が一番良いようです。

前におふざけで「最凶の怨霊のくせに、結界を破ることが出来ない崇徳院」という漫画を
描きましたが、これで証明されたようなもんですね・・って正当化するんじゃなーい!
(結界は怨霊化した頼長さんにはあっさり突破される。)ストップ!ゴッドの悪巧み~~♪
清盛さんの暴走は崇徳院のせいか~~。お兄ちゃんなんだから少し優しくしてあげればいいのに。

兼長くんはモロちゃんと同い年・・?
兼長くんは流刑先で死んでしまいます。モロちゃんは朝廷に復活。
モロちゃん、えらく叙情的に描かれていますが、どうもチャラ男のイメージが
強くってねえ・・。

でも頼長さんが死んでしまう辺りはやはりウルっとくる。可哀想に。。可哀想な頼長さん。
やはり公春さんを失ってもうやけくそ気味になっている所を上皇様に引っ掛けられたのね、
という思いを強くしたのでありました。

他にも「おお!」という資料もあったのですが、直接国会図書館に行かねばならぬ。


b0232447_21271840.jpg
家盛さんはやっぱりイケメンだったんですね!

読みやすかったので一気に平治物語まで読んじまったい。
平治物語ってこうして読むと物語としても結構面白い。平治の乱の首謀者とされる藤原信頼って
「太っていた」「馬に乗れない」と散々な書かれ方。私が勝手に気に入っている金王丸も活躍。
彼は「犠牲者を弔うために・・」と出家し各地を行脚となっている。

赤枠で囲まれた所は注目。
寵愛か~~。違う誰かに言い寄られていたという説を裏付ける証拠がほしい。
左馬頭だった隆季のあとの左馬頭が義朝さんだったのねい。(どこまで本当なのかわからんが)
右馬頭は家盛さんだったんだよなあ。。

義朝さんはやっぱり馬小屋が嫌で、信頼の誘いに乗ったという説が有力かもしれない。

[PR]
by takeya_bu | 2016-05-24 19:31 | ボヤキ | Comments(0)