篁よしやすのイラスト、落書き,日常


by takeya_bu

プロフィールを見る

頼長本通販・他告知

通販に関してこちらの記事参照。電子書籍です。お問い合わせはsubjectを「頼長本・通販」にしてください。他、トラブル、お問い合わせなども ↓以下のmailフォームまで。
・mail・

・漫画素材,無料配布漫画等のアップローダーもあり。  ↓↓告知↓↓<9月2日>new→「FakeEmperor3後編」出来ました。PDF。
new→同Flash版。(SNS「漫描き」内 要登録)
・「FakeEmperor3・前編」公開しました。 pdfファイルです。
・Flash版アップしました!
(SNS「漫描き」内。要登録)
・ムービィ第4弾公開中。(Facebook)
・yahoobooksに私の過去の単行本ありました。電子書籍です。
・facebookを始めました。
ムービィはこちらに移しました
・GIMPの偽サイト出現
こちらのmailフォームを利用しています。

最新の記事

部屋の中で子鹿になる
at 2017-07-17 20:59
トラップ
at 2017-07-16 16:28
こんなビールを飲んでみたいですか
at 2017-07-16 11:23
ドドド・・午後午後・・
at 2017-07-15 21:08
嘆きが聞こえる
at 2017-07-10 22:06

外部リンク

記事ランキング

最新のコメント

お久しぶりです! 頂い..
by takeya_bu at 23:15
管理人さん・・お久でした..
by 弥九郎 at 22:04
弥九郎さん、おはようござ..
by takeya_bu at 03:05
こんにちは~ 過去記事を..
by 弥九郎 at 16:45
再びこんにちは。 >鉛..
by takeya_bu at 21:31
>>takeya_bu ..
by 名無し at 19:33
>す、水彩ブラシ・・・・..
by takeya_bu at 16:04
>GIMPPainter..
by 名無し at 12:58
こんにちは! >色..
by takeya_bu at 15:49
こんにちは。 猫ペ..
by takeya_bu at 16:57

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

Paintgraphic
ボヤキ
告知
自然、動物
動画・漫画
イラスト
ネットトラブル系
GIMP
雲&火Alpaca
pdf

検索

ブログパーツ

金融商品

雲Alpaca、およびFireAlpacaで他のFileを読み込む

b0232447_15264608.png
こんなイラストを描いてみた。自分で怪しいセリフを書いてみたい。

上記のバカットは雲AlpacaでB6横向き、350DPIで描いたものである。
他のソフトで何か怪し気な描き文字を描きたくなったので、
「Microsoft ExpressionDesign」を使ってみようという気持ちが湧いてきました。

以下から紹介するのはExpressionで使用する場合のやり方。

なぜgridが出ているかというと、雲Alpacaと、FireAlpacaには「定規ツール」が無いため。
(スネオにはついている)
両ソフトのgridの大きさは大体縦横1センチであります。
画像処理ソフトには恐らく「grid」や「ルーラー」という物がついていると思う。
まず他のFileを読み込む前に、(Fileを読み込みたい部分の)範囲の大きさをメモっておきましょう。

b0232447_15261332.png
まともな描き文字ではありません。


Expression→対象のオブジェクトを「トンボ」で囲む。~エクスポート。png変換。
(「対象が大きすぎて画面に表示できません」と出てくる事があるけど、
よほど大きなFileサイズでない限り変換していくれる。

Inkscape→対象のオブジェクトを選択。~ビットマップにエクスポート。変換したいファイルサイズを
入力し、変換。


描いたらエクスポート→pngに変換するわけだが。
Expressionで描いた描き文字をpngFileに変換する際、(重要)解像度に注意。
先ほどメモっておいた描き文字の範囲は18センチと決めておいた。
350dpi✕18センチは何ピクセル?


b0232447_15263482.png
ごめんね・・キャプ画面は縦の長さであった。
用紙サイズ一覧COM でピクセルに換算。
横18センチ350dpi=2480ピクセル(小数点以下、四捨五入)になるので上記の「幅」のところに入れる。
ひとつ入れれば、縦横比に合わせて縦のサイズも入る。
width=幅 high=高さ)
b0232447_15260158.png
結局バカな事を描いている。
出来上がり。
余談ですが、こういった描き文字は一旦モノクロ化した方が、いいと思う。
(レイヤー変換→1bitレイヤーに変換)
トーンとかを使いたいときは「クリッピング」して塗りつぶししてみましょう。
クリッピングは、クリッピング元レイヤーの透明度とリンクします。

ピクセル・センチ計算機みたいなの、デスクトップ版みたいなのないかなー?
と探ってみましたが、ん~~~。
上記のようなOnline版の計算サイトは結構あったりしますので、ブクマなど。

以上のやり方は森川久志著「コミック電脳作画術」という本の受け売りです。
この本では、「色々なソフトで背景、効果などを作りPhotoshop上で作り上げる」
というコンセプトに、ShadeやCAD、Expression、Painterなどを紹介しています。
こういった濃い目のハウツー本は当時なかったんで眼から鱗でした。

この本自体が出たのは2002年頃なんでコミスタが出るのか出ないのか?の頃。
(コミワクが出てくる前)なのでネタ的にはちょっと古いか。
「下描きからデジタルで仕上げるという強者が現れるかもしれません」なんて書いてあるし。

Expressionをビットマップに変換する方法も「まずEPSに変換して・・」という頃なんで。

EPSは当然Alpacaでは変換できないので、こういうやり方ですが。
いまだに私がExpressionにこだわってるのは、紹介した描き文字のような
不安定な筆効果ができるから。
昔のようなパース効果とか無いのは残念だけど、こういうペイントソフトとドローソフト
の間みたいなソフトできたらいいなあ~~~~。日本ならそこそこ売れると思うんだけど。
(海外ならある)

素直にクリスタに乗り換えればいいのにね・・。とひねくれ者が言ってみる。
あ~~、早くGIMP・・安定した新バージョンでないっかな?

[PR]
by takeya_bu | 2015-01-31 16:13 | イラスト | Comments(0)